飛虫類の生態と特徴

ハエ目である、ハエ類やカ類は昔から知られた衛生害虫ですが。私たちの身の回りでは様々な小さな飛虫類がいます。ハエのように衛生上よくないものや、蚊・アブのように刺咬・吸血によりかゆみや痛みをともなうもの、中には日本脳炎・デング熱などの感染症やアレルギーの原因になるものさえいます。
普段は気にしていないそんな飛虫には不快に思う 『不快害虫』 以外にも重篤な原因になるかもしれません。

代表的な飛虫類


ハエ・コバエ類
日本には約3,000種近くいる衛生害虫としての代表種です。イエバエ、クロバエ、ニクバエは居住環境に適応・生息しています。腐敗物や排泄物に産卵したりする行動習性から病原菌・雑菌を体につけて運搬します。成長速度が速いのが特徴です。
チョウバエ類
ハエの一種で2~5ミリのガやチョウに似たコバエです。排水溝や浄化槽、排水升、浴室などの汚水や汚泥が溜まる場所で発生します。近年住宅の高断熱・高気密化したことで、被害が拡大したといわれています。
カ類(蚊)
夜な夜な耳元でプーンと飛び吸血された箇所がかゆくなることで誰でもご存じと思いますが、実は吸血するのはメスだけで、通常はメスもオスも花の蜜や草の汁を吸っています。行動は昼間活動する種と、夜間活動する種によって大きく分けられます。代表種としては、アカイエカ、ヒトスジシマカ、チカイエカがいます。
ユスリカ類
容姿は蚊に似ており、吸血はしませんが、水辺近くに大量発生することがあることから、不快害虫として問題視されています。日本では約1000種が確認されています。代表種としては、セスジユスリカ、オオユスリカ、アカムシユスリカ、フチグロユスリカがいます。
カメムシ類
カメムシは、悪臭のある分泌物を出します。洗濯物などについているカメムシを払おうとして経験した人もいると思います。この悪臭は、外敵を撃退するためや、仲間へ警戒を知らせる、フェロモンの一種と考えられています。中には吸血する種もおり、こちらのサイトで詳しく紹介しているトコジラミもカメムシの仲間です。代表種としては、スコットカメムシ、クサギカメムシ、ヨツモンカメムシ、マルカメムシがいます。

ページトップ


      


駆除・対策・予防のご相談・お問い合わせは、

対応地域

大阪・兵庫・京都・奈良
滋賀・和歌山・岡山・鳥取

お問合せフォームはこちら


















 
 




コンテンツ

 中部ホームプロテクト株式会社HP
 中部ホームプロテクトHP
 関西イタチ相談センター
 関西ネズミ相談センター
 関西ハクビシン相談センター
 関西アライグマ相談センター
ブログ

Copyright(C)2013 中部ホームプロテクト株式会社 All Rights Reserved.