シロアリの生態と特徴

シロアリはもともと熱帯・亜熱帯の森林やサバンナで繁殖する昆虫でクロアリの仲間かと思われがちですが、実はアリの仲間ではなくゴキブリの仲間として分類されます。生息場所は、主に暗くジメジメした涼しい場所に潜み、家屋の建材(土台・柱・床・畳)などを食害する代表的な害虫です。

    

日本にいる代表的なシロアリ2種

  ヤマトシロアリ イエシロアリ
生息地域 北海道北部を除く日本全土 千葉県以西の太平洋岸(北限潮来)


さ 
羽アリ 4.5~7.5mm 7.4~9.4mm
働きアリ 3.5~7.5mm 3.8~9.4mm
女王アリ 15mm 30mm
羽アリ体色 全身黒褐色(羽色は淡黒褐色) 黄褐色(羽色は淡黄色)
羽アリ群飛 4~5月の昼間 5~7月の夕方・夜(光に集まる)
コロニー 1~3万匹 最高100万匹
活動 一年中(冬眠はしない) 一年中(冬眠はしない) 
加害 ・湿気を含んだ木材を好む(主に建物の下部材)
・雨漏りがあると上の階まで食害する
・建物全体の木材(雨漏りがなくても上の階も食害する)
・特別に加工した塊状の巣を作る。

その他のシロアリ
 アメリカカンザイシロアリ
  仙台市から沖縄本島の24都道府県に点在しており、家具や荷造材などの付いていたものが屋内の乾材木材に広がる。
  被害材の孔道孔から乾燥した砂粒状の糞を排出する。
ダイコクシロアリ
  奄美大島以南の南西諸島や小笠原に分布。熱帯地域に分布している乾材シロアリ。
  乾燥に極めて強く、被害材から乾燥した砂粒状の糞を排出する。

シロアリはゴキブリの近縁の原始的な昆虫で、基本的には木や土の中で生活しているため、人の目に触れることはほとんどありません。ただし、巣(コロニー)がある程度大きくなってくると、他の生活の場を求め分巣します。この時巣にいる一部のシロアリは羽アリとなって群れで飛び立ちます。これがシロアリの群飛(スォーム)と呼ばれるものです。この群飛によりシロアリの被害を気づくことも多いのですが、その場合は被害がかなり進行していることが多く大変危険な状況です。

ページトップ


      


駆除・対策・予防のご相談・お問い合わせは、

対応地域

大阪・兵庫・京都・奈良
滋賀・和歌山・岡山・鳥取

お問合せフォームはこちら








 
 














コンテンツ

 中部ホームプロテクト株式会社HP
 中部ホームプロテクトHP
 関西イタチ相談センター
 関西ネズミ相談センター
 関西ハクビシン相談センター
 関西アライグマ相談センター
ブログ

Copyright(C)2013 中部ホームプロテクト株式会社 All Rights Reserved.